« ホルン協奏曲さえあれば | トップページ | メイク次第で気分上々 »

2017年11月13日 (月)

職場復帰が近づくにつれ

私が職場に復帰する日が近づいてきました。ものすごく短かった休養期間、今は職場に戻るのがすごく怖いです。今朝、今までは全くなかったのに急に職場にいる夢を見てうなされました。所長や課長から注意や提案を受けたり、研修に行かされたり、名刺交換してくるよう言われたり、ロッカーをチェックされたり……目が覚めた時、緊張しすぎていたのか両足の太ももあたりが痺れていてなかなか立ち上がれず。会社に行くのが怖くなって布団かぶったまま泣きそうになって、たった半月しか休もうとしなかった自分を恨みました。でも1ヶ月も休んだらそのまま辞めちゃいそうな気もするし。今は仕事辞められないから頑張るしかないのは重々わかってるし。


私が仕事できなくなったら、まず今の家に住めなくなります。当然ペットも飼えなくなります。ワンコとニャンコは殺処分になります。それが嫌だから、泣いても這いずっても、私は仕事に行きます。本当は自分の能力を超えているような業務を求められる職場で、とても怖い。発達障害が邪魔してか、何度説明を聞いても何度マニュアルを作ってもやることがわからなさすぎて、仕事中に急性胃炎に襲われたり嘔吐してしまったり身体もだいぶやられています。本来なら障害者枠で仕事を見つけたほうがいいはずの私が、かなり複雑な業務において高学歴で外国語が堪能な健常者の同僚たちと同レベルであることを求められていて、見た目はある程度華やかな職場ではあるけれど、もう疲れと怖れはピーク。


もっと小さな家で夫婦だけで暮らしていたら、私は働かなくてもギリやっていけるかもしれない。でもペット多頭飼いOKな賃貸マンションで犬と猫を世話しながら暮らしていると、共稼ぎは必須という感じ。うちの旦那はもともと動物が大嫌いでした。私が働けなくなったら犬と猫は速攻捨てる、といつも言います。旦那は親が身体障害があるギャンブラーで、ずっとネグレクトされていたので、自分はいつもお腹をすかせていたのに犬はドッグフードを与えられていることを疎ましく思いながら子供時代を過ごしていた、と聞くと、旦那には旦那の言い分があるんだなと思います。親がギャンブラーだと子は家庭の経済危機にすごく敏感になる。今回私が1ヶ月ではなく半月しか休まなかったのも、収入が少しでも途絶えたり減ったりすることを旦那が極端に嫌がるからなのです。私も自分の休息と引き換えにペットを失うくらいなら、吐いても苦しくても仕事には行こうと思う。


私は諸々の精神疾患があって、精神障害2級です。でも語学を活かして障害クローズで仕事をしていて、結婚して家庭を持っていて、車を運転し親を経済的に支援しつつ犬と猫も飼っているから、よく「障害者の成功例」みたいに見られます。健常者でもそこまでできない人いっぱいいるよ、本当に障害なんかあるの?十分幸せじゃん、現状に満足しなよって何度言われたことか。でも忘れないで。今を維持するのにどれだけの期間投薬を続けているか、ここまで来るのに閉鎖病棟隔離とベッドと便器があるだけの保護室と大量服薬と飛び降り未遂と電気ショック治療を何度繰り返してきたことか。今の生活が維持できているのはめちゃめちゃ無理しているからであって、めちゃめちゃ努力し続けているからであって、決して社会的に優遇されているからでも環境や才能に恵まれてるからでもないんだよ!夫婦ともに精神疾患を持ちながらも家庭を平和に保つよう、人に迷惑をかけずに生きるよう、どれほど心と身体をすり減らしているか!決して「成功例」と簡単に言ってほしくはないんだよ!


上には上がいる、下には下がいる。
それが人間の世です。
誰かと比べても、誰かと競っても、何にもならないのが人間の世です。自分の荷物は自分で背負って、自分の選択には自分で責任を取って、自分の病気や障害は自身で受け止めて受容していく、それしかないんだよ。もちろん「お互い様」なのが人間の世でもあるから、私も周りからたくさん助けられているし私が他人に貢献している部分も多少なりともあるのでしょう。だから窮屈なほど卑屈にならずに、私は私の今の生活を守ることに一生懸命になるだけ。旦那を愛し、犬と猫を愛し、家庭を愛する。そしてそれが十分に上手くできていないとはいえ、最善を尽くそうと努力している自分の存在と尊厳を認めてあげる。今は、それしかできないんです。


今週の途中から、私は仕事に復帰します。また制服を着てカウンターに立ちます。心と身体は十分に元気にはなっていません。まだ対人恐怖は続いているし、業務の8割はよくわかっていないことだらけだし、仕事の後輩たちに知識も能力もどんどん追い抜かされています。本当はすごく怖く、すごく不安で、すごく辞めたいです。


でも私には守るべき存在があるから、ちゃんと闘う。あと数日、休養期間があるけれど、メソメソ泣いたりイライラしたりせずに、やるべきことをひとつずつこなす。布団から自分を引っ剥がすのは毎日大変だけど、私の働く一日一時間、一分一秒がワンコとニャンコのごはんになるんだもの、ちゃんと守ってみせる。


ちょっと震えたりもするけど、


コートの中では泣かないわ。



AZU

« ホルン協奏曲さえあれば | トップページ | メイク次第で気分上々 »

コメント

私も動物はキライというか飼うのはダメですね。
犬とかカワイイとは思うのですが、
自分の世話もちゃんとできないのにペットまで、、、という感じです。

コートの中では泣かないわってアタックNo.1?
ン?あれは♪コートの中では平気なの♪か。

jincunさん

ありゃ、アタックNo.1意識してたのバレちゃいましたか。

うちのSHUも自分たちが満足に暖かくおなかいっぱいになれない時に動物のおやつなんか買えないし、まずは自分たちが潤ってこそ。とよく言います。今のワンニャンは成り行きゆえに仕方なく引き取ったとはいえ、命ですから簡単に捨てたりはしないけど、だんなは「ワンちゃんと猫ちゃんを見送ったら一年くらいぼーっと過ごしたい」のが本音だそうです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職場復帰が近づくにつれ:

« ホルン協奏曲さえあれば | トップページ | メイク次第で気分上々 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ