« 買い物は全力投球 | トップページ | 絶対不可侵の心の聖域 »

2017年11月27日 (月)

我が家の登場人物設定

よく漫画の最初のページにある、登場人物紹介。
あれを真似してね、AZUの家のキャラクターを紹介しようと思いまして。うちの構成員たちはそれほど強烈なキャラはいないんですが、設定が濃ゆいんですよ。


たとえば、犬の菜緒ちゃん。
メス、たぶん9歳か10歳。毛は黒と茶色。ミックス犬。お手やおすわりや待てはできない。伏せはたぶん一生できない。お家の中でおトイレできない。だから毎日2〜3回お散歩に行く。黒い犬で暗闇で存在が見えなくなるため、夜のお散歩の時は黄色いTシャツを着る。シャンプーの後のブラッシングが大好き。ビスケットが好き。


いや、ここまでは普通の犬の紹介なんですが、裏設定もあるのです。


犬の菜緒ちゃん。モランボン幼稚園のかおり先生のクラスに通う年中さん。お嬢様言葉でどストレートな下ネタを言う癖がある。少々控えめなところもあり、世界で一番可愛いのはママ、二番目がかおり先生、自分は三番目だと思っている。かおり先生の男事情にやたら詳しい。好きな男の子はシュナウザーのリュウくんだったが、実はかなりおじいちゃん犬だったことを知り急に恋が冷めた。


猫のナナちゃんもかなりのツンデレで凶暴性と超甘えっ子の二面性を持つメス、たぶん8歳か9歳。茶色が多いトラ猫。猫だが、ドッグフードがお気に入り。気に食わないことがあると噛み技を繰り出して相手に鋭い生傷を負わせる。かぎしっぽで、しっぽを触られるのは大嫌い。


と、まあ普通の猫ちゃんなんですが、裏設定は…


猫のナナちゃん。モランボン幼稚園不登園児。かったるくて幼稚なものが嫌いなため幼稚園には顔を出さない。担任はみゆき先生だが、どんな人かよく知らない。抱っこされるのは好きだが、抱っこした後人間が服にコロコロをかけるのが気に食わない。毛が抜けて何が悪いのか。ダンボールの空き箱に入るのが好きだったが、飼い主の悪ふざけでそのまま発送されそうになったトラウマがあるためあまり空き箱に入らなくなった。


うちにいるリラックマのガリータは…


見かけは胴長のリラックマ。抱き枕という説もあったが今は犬用の枕になっている。実はAZUとSHUが上海から帰国した時、上海に半年間置き去りにされた。理由は、もうすぐ日本に帰ると知っていたのに近所のモールのフードコートで食券を購入し2万元分チャージしてしまったから。チャージした分を使い切るまで上海にいなさいと言われ、しばらく上海に居残りになった。半年後にAZUが迎えに行き、無事一緒に帰国できた。名前のガリータは本名をコロガリータと言い、手足が短く胴が長いため歩くより転がるほうが速いから。


……のように、みんな裏設定がある。


AZUとSHUにも裏設定がある。


SHUがオーストラリア出身で小さい頃はあんドーナツだったとか。AZUがふれあい動物園に行くとウサギたちが「パイセン!」と呼んで寄ってくるだとか。


ここから先は個人情報なので出し惜しみ。


とにかく我が家にはキャラが濃いやつはいないが、設定が濃いやつが多いのである。
以後、お見知り置きを…。



AZU

« 買い物は全力投球 | トップページ | 絶対不可侵の心の聖域 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の登場人物設定:

« 買い物は全力投球 | トップページ | 絶対不可侵の心の聖域 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ