« My精神病の由来と行方 | トップページ | ホルン協奏曲さえあれば »

2017年11月11日 (土)

犬の不調から来る不調

うちのワンコ、菜緒ちゃんが具合悪くなりました。
お尻のあたりが痛いのかしっぽを丸めて下げっぱなし、階段も普段なら駆け上がるのにうさぎ跳びのように一歩一歩進むので精一杯、お尻をつけて座るのが痛いようで寝るのもよっこらしょ、という感じで…。


いつも元気満タンなワンコだけに慌てふためいたAZU。(菜緒ちゃんが死んじゃう!)と思い込んで最初に思い浮かんだのがネットでペット霊園を調べること。死んだら保健所に連絡するのか?警察か?どこで火葬するのか?と頭が混乱し、そのうち(落ち着け、尻が痛いだけでそんな簡単に死んでたまるか)と思い直して、動物病院に連れていった次第です。ほんま、すんません。


で、結局お尻が炎症を起こしていたので抗生物質と炎症を抑える薬をもらい、垂れ耳さんにありがちな外耳炎にもかかっていたので耳を洗う薬をもらい、(よかった、まだ死んでない…)と胸をなでおろしているところです。しかし菜緒ちゃん、妄想型飼い主ゆえに死ぬ仮定で突っ走ってすまなかった。


何はともあれ、よかった、よかった。
菜緒ちゃんは抗生物質をそのままあげてもすぐ吐き出すので、鰹節をまぶしたら自分から食べてくれた。えらい子です。耳洗いも難しそうだけど頑張るぞ!


私は動物が大好きすぎて、動物といる時だけめちゃめちゃいいやつになるので今日旦那が初めてこんなことを言いました。「菜緒ちゃんを見送ったあともAZUには犬がいたほうがいいかもなぁ。AZUは犬がいると本当に優しくなる。これからもずっと飼おうか?」旦那は今までペット大反対派だったので、こんな言葉を引き出せただけで私は本当にうれしくなりました。もちろん今飼ってる犬と猫は最期まで大切に責任を持って面倒をみる。まだその後のことは考えられないし、考えないようにしてるけど、私が心から菜緒たちを大切にしていることが伝わってうれしかったよ。


それにしても犬がお尻引きずっただけで(死んじゃう!ペット霊園!)と慌てているようでは、まだまだ飼い主半人前ですね。私は本格的に動物を飼ったことが実はあまりなかったので、知識も経験も未熟すぎて犬の前でアワアワしちゃう。私が恐る恐るやってたら菜緒ちゃんも怖くなっちゃうよね、ママ、一人前になるからね。


今、菜緒ちゃんが私の膝にもたれてすやすや寝てて、超幸せです。


AZU



« My精神病の由来と行方 | トップページ | ホルン協奏曲さえあれば »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬の不調から来る不調:

« My精神病の由来と行方 | トップページ | ホルン協奏曲さえあれば »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ